ブログ

古代アンデス文明展

上野の国立科学博物館で現在開催中の「古代アンデス文明展」へ行ってきました。食器、ネックレス等はその時代の人々の息遣いまで感じ、どれも生き生きと作られています。とても力強くどこか愛らしさがあります。

地球の裏側で、ナスカの地上絵、マチュピチュなど独自に発展したアンデス文明。しかしついに文字を持つことはなく、これは世界的に見ても珍しいそうです。だからこそ新鮮で興味深く映るのかもしれません。

2018年2月18日まで 東京国立科学博物館

’17 11/4 子ども野外写生会 於豪徳寺

11名のみんなが参加してくれた本日の写生会。昼間は少し暑いぐらいの天候でした。夕方は北風が強くなり冷えましたが、何とかもってくれました。

紅葉はまだあともう少し、来週には見頃を迎えそうです。

出来上がった作品は、しばらくは家の中のどこか見えるところに飾っておこう。

秋の野外写生会のお知らせ

この度、下記要項で秋の写生会を開催いたします。今回、場所は一般、子どもクラス共に紅葉が見頃を迎える豪徳寺です。初めての方もぜひご参加下さい。

 昨年11月の豪徳寺

■日時 2017年11月4日(土) 13:00~16:30←子どもクラス(月、水、土合同)

2017年11月11日(土) 13:00~16:30←一般クラス

■場所 豪徳寺 世田谷線宮の坂駅より徒歩3分

■参加費 通常クラス1回分

■持ち物 下に敷くもの、水彩、スケッチブック等写生に必要な用具一式、PASMO

※集合時間は13時、大人(一般クラス)の集合場所は現地豪徳寺、子どもクラスは教室になります。

※制作時間は休憩を含めて約3時間を予定しています。16時前後に写生を終了し、教室にて講評会を行う予定です。

〈 雨天の場合 〉  東京駅JPタワー内、インターメディアテクにて写生を行います。博物館内で絵具は使用できないため鉛筆、スケッチブックをご用意下さい。

世田谷線 開通110周年

下高井戸~三軒茶屋を結ぶ世田谷線。開通110周年を記念して、招き猫発祥の地といわれる豪徳寺の猫がデザインされた車両が来年3月まで運行されています。

運が良ければこちらの車両に乗車できます。

上高地~涸沢カール

先日、北アルプス涸沢カールへ写生に行ってきました。

 2017年10月9日 涸沢カール

前日の風で紅葉は半分に。一番楽しみにしていた星。晴れた夜空に満天の星、真上には東西に天の川銀河を見ることができました。

自然豊かな上高地までは新宿から5時間半。マイカーで入ることが禁止されているため、実に空気がおいしい。上高地から穂高連峰を仰ぎ見る絶景はやはり一見の価値があると思います。

子どもクラス 絵本

先月より作り始めた絵本、ほぼ全員が完成しました。

 月曜子どもクラスの様子

小学2年生が、「 世界の国旗図鑑 」というタイトルの絵本を完成させました。誰しも一度は子どもの頃、世界地図を見ながらまだ見ぬ異国世界に思いをはせた記憶があると思います。

世界の国々の国旗は、その地域の気候や風土、文化、民族性などが表れていて実におもしろいです。

これはアフリカ南部に位置する国、スワジランド王国の国旗。中に描かれているのは民族的な盾と槍、盾の白と黒は、白人と黒人の平和的共存を表しているのだそうです。

「 アフリカの国旗には黄色と赤がたくさん使われてるよ 」と小学2年生の女の子が教えてくれました。

‘17 9/23土 人物クラス

今日のモデルは男子マラソン元日本代表早田選手。歳月を経た現在も、放たれるオーラは東京国際マラソンで中山らとデッドヒートを繰り広げた当時のままでした。

練習に練習を重ねて鍛えられた筋肉、体のラインは、得も言われぬ美しさ。超一流のアスリートのそれは間近で見るととても力強く迫力がありました。

こちら受講生作品。肩の力を抜いた自然体の描写が好ましい。全体感があり気持ちも一貫しています。

とても気さくで格好よかった早田選手。記録より記憶に残る選手でした。ただ自己ベスト2時間08分07秒はとてつもない記録。来月もう一回ポーズしてくれます。

●2017年10月28日(土) 14時~16時半

第1回 オール青山美術展

本日、教室の受講生が参加している「 オール青山美術展 」へ行ってきました。

会期 2017年9月20日(水)~24日(日) 10時~18時(最終日15時)

会場 渋谷区文化総合センター大和田 2F ギャラリー大和田

会場の文化総合センターは渋谷駅西口、歩道橋を渡ってさくら通り突き当たりすぐ駅から5分ほどのところにあります。

 

青山学院の卒業生37名の作品、絵画や彫刻、工芸などが並ぶ会場の様子。どの作品も時間をかけてしっかり作られ、特に下の2点、「人物木彫」、「3Dでミュシャ」はかなり手が込んでいる力作。

青学の卒業生であれば、誰でも参加できるそうですので、小中高大いずれか1つでも通われていた方はぜひ。

ロシア女性

先日、人物クラスではロシアの方がポーズしてくれました。胸元に光る十字架の金のネックレスが印象的でした。

改めてスケッチを見ると、実際のモデルさんの鼻の高さは、これよりもっとずっと高かった気がします。どうしても毎日目にする日本人の鼻に知らず知らずのうちに近づいてしまいます。

☆次回人物クラスについて

次回ポーズをしてくれるモデルさんは

元マラソン日本代表

早田 俊幸氏

初マラソンの鮮烈デビュー、すらっとした長い脚、オレンジのシャツといえば今でも鮮明に憶えているという方も多いのでは。とにかく速かった。

●9月23日(土)14:00~16:30

●10月28日(土)14:00~16:30

固定座りポーズ ランニングウエアを着用の予定

この機会にぜひご参加ください。

吉田 博展

休みを利用して北アルプス燕岳へ。山頂まで登ってきました。ちょうど今、自然特に山を愛した画家吉田博の展覧会が開かれています。登山家でもあった吉田博は現場での制作を何よりも大切にしました。当時はまだ現在のように山小屋もなく歩道も整備されていない中、自らキャンバスをかついで登ったそのやる気と制作態度には頭が下がります。

吉田博展  損保ジャパン美術館 ~8月27日