ブログ

紅葉

豪徳寺の紅葉が見頃を迎えています。

こちら昨日の羽根木公園、イチョウ並木。

 

 

 

 

第9回 教室展覧会のお知らせ

11月も半ばを過ぎ日に日に秋の深まりを感じるようになりました。

下高井戸絵画教室展まで残すところあと3か月となりました。第9回展の日程は下記の通りになります。今月中に応募要項を発表致します。多くの方のご参加お待ちしています。

●会期 2019年2月11日(月)~17日(日)

●会場 銀座幸伸ギャラリー

子どもクラス

11月5日(月)子どもクラスの作品。水彩をにじませて魚を作りました。

 

秋の夕暮れ

教室の上は屋上になっています。たまに子どもクラスのみなと夕日を見ます。ここから見る夕日はとてもきれいです。

昨日の夕暮れ、経堂駅から。ここまで富士山がくっきり見えるのは1年を通しても数えるほど。

珠玉の昆虫標本

2学期に入り先週、小学生の夏休み自由研究に触れる機会があり、その中の一つ「昆虫研究」とても丁寧に描かれていてそのあまりの素晴らしさに感銘を受けました。

東京大学総合研究博物館にて現在開催中の「珠玉の昆虫標本」へ行ってきました。

 

左真ん中は世界最大のナナフシ。大きさは成人の肘から手先ほど。右は縦16×横8、約130匹の黄色いチョウがぎっしりつまった標本。

モルフォチョウは反対側、裏からも見れるよう展示されている。どんな優れた芸術作品もこの美しさには及ばない。時のたつのも忘れ思わず見とれてしまう色、形、質、自然の造形の美しさ。

東京大学総合研究博物館(東京大学本郷キャンパス内)~10月20日(土)まで

常設では他に縄文土器など貴重な資料も見ることができます。

未来に向けて。 ぜひみなさんにも読んでいただきたく。

 

9月の土日の日程について

今月の3連休、土曜、日曜、祝日の日程は下記の通りです。

9月8日(土)午前クラス

9月9日(日)午前クラス

9月15日(土)午前クラス

9月16日(日)午前クラス

9月17日(月)祝日 午前クラス

9月22日(土)午前クラス、人物クラス、子どもクラス

9月23日(日)午前クラス

9月24日(月)祝日 午前クラス

※第5週の29土、30日は休講いたします。みなさんのお越しをお待ちしています。

子どもクラスで、紙粘土と細い木材を用い「木」をイメージした工作を行いました。 

製作途中

絵の具で彩色し、最後にニスを塗り仕上げました。色と形にそれぞれの個性が出ました。

〈 お知らせ 〉

月曜子どもクラスについて、この9月より開始時間をこれまでの15:30から16:30に変更して行います。ただしばらくの間、15時には講師が教室に待機しております。15:30~16:30の間で都合の良い時間にお越しください。

受講生の作品

 

四つ切画用紙 鉛筆

やや立体感に欠けるものの、鉛筆の色に透明感があり、調子の美しさが魅力のデッサン。構図もよく、紐がよいアクセントとなっている。余白の汚れも雰囲気を盛り上げている。

 四つ切画用紙 鉛筆

作者の実力が存分に発揮されている。全体のバランスを考えてしっかり描き込まれている。特に布の質感がよく出ている。

夏休みのお知らせ

下記の期間、夏休みとなります。よろしくお願いします。

2018年8月13日(月)~17日(金)

ミステリアス ピカソ 天才の秘密

「ミステリアス ピカソ天才の秘密」1956年フランス映画のDVD、生徒さんにお借りして初めてこの映画を観たのが数年前。何回か子どもクラスの鑑賞の授業の際にお借りしている。

映画といっても、実際のピカソの制作と音楽とがコマ送りにして映し出されるいたってシンプルな構成。音楽と映像が絶妙にマッチして、詳しく調べたわけではないけれど、このアンリ・ジョルジュ・クルーゾー監督は人間ピカソのことが好きで、絵画というものをよく理解した人であるということは、映画から伝わってくる。ほんの10分程度、ピカソ本人が登場する。上半身裸である。そこが何とも着飾らない、飾り気のない自由なピカソらしい。

「アトリエのつもりで描く」

「撮影のことは考えない」

「これが井戸の底で見つけた真実だ」   ピカソの言葉

鑑賞の授業にぴったりの、大人から子供まで楽しめる何回観ても飽きない素敵な映画。